「土間」のある暮らし。ウチ・ソトの中間の空間を見直す

古来、日本文化は自然との共存の中で生まれ育ってきました。これは石の文化と言われる西洋の文化とは明らかに違うもので、建築の他にも様々なものが日本の場合は木や紙などを多く用いて成り立っています。それには日本の気候が関連していると言われています。西洋が厳寒で外の気候とは遮断する工夫がなされてきたものであったのに対し、日本では湿度も高いという理由からもできるだけ外の気候と換気を促そうとする工夫やつくりが発達し、それが「縁側」になり、あるいは「土間」になってきたわけです。外でもなく内でもないその空間は、庭園や植木(盆栽)自然との調和を楽しむ風習を生み、日本人の精神性を築いていく過程において重要な働きを担ってきました。今の私たちの習慣や指向も元をたどっていけばそういうところから影響を受けてきていることも多いのではないでしょうか。

現代でも地方の村などへ行けば、萱葺き屋根の昔ながらの家が存在します。大きさの大小はあれど中の作りは似通っているようです。入口を入れば叩いて固められた地面の「土間」があり、すぐ横には牛舎、奥には炊事場、踏み台をあがった部屋には囲炉裏があって団欒の間となる。表には庭があり、それに添うように縁側が延びている。様々な工夫が積み重ねられてその生活様式は形作られてきました。

このような「土間」空間が今、また注目を集め始めているのです。その理由をひも解いてみましょう。

「土間」のある暮らし。ウチ・ソトの中間の空間を見直す

土間の魅力って何だろう?

土間の魅力を認知しはじめた人々が住宅に取入れはじめました。

半野外の土間空間、使い方は住まい手次第

土間の使い方は住む人次第でいくらでもどうにでも利用できる。

「土間」のある暮らしはどのように生まれてきたのでしょう?

Category

土間の魅力って何だろう?
土間空間の再発見
古くからあるものに、もう一度目を向けて
農家では仕事場、貯蔵場、台所、町屋では通り庭
近所の人たちとのコミュニケーションスペースだった
穏やかな開放感と、何気ない気配
屋内に「外」がある面白さ
人が入って来やすい親密さ
半野外の土間空間、使い方は住まい手次第
土間を多目的に活用しよう
日曜大工など、趣味を楽しむのにうってつけ
汚れを気にせず、仕事場や野菜置き場に
子どもたちやペットの遊び場に
昔の三和土(たたき)は、珪藻土やレンガタイルで今風に
机や椅子を置けば、来客が集うサロンにも
こまめに掃除して、いつも清潔に